体温上げて、健康回復・低体温改善

スポンサーリンク

低体温は女性に多い

 

低体温の人が、最近では子供や男性にも増えているようですが、それでも低体温は女性の方に多いようです。
女性には女性特有の身体機能がありますので、男性よりもデリケートになっています。
女性は筋肉の量が男性に比べて少ないですので、熱を生み出す働きもそれに伴って少なくなっています。
生活習慣の乱れや、ストレスの増加、冷暖房の効きすぎなどで低体温になる人は、男性よりもはるかに女性のほうが多いようです。低体温を引き起こす要因が男性より少なくても女性の場合は低体温になりやすく、自律神経が乱れて身体のさまざまなところに不快な症状が現れてくるようです。
低体温が続くと肩こりやむくみ、手足の冷えなどが起こり、女性特有の身体機能も乱れ、ひどくなりますと不妊にも影響すると云われています。
自分が低体温になっていないか調べるにまず体温を測りましょう、体温は1日の間に多少変化しますので、測る時間・測る場所を決めて測ります。
1週間ぐらい続けて測った結果、低体温の疑いがあれば、出来るだけ早い時期に体温を上げるための取り組みを行ないましょう。
低体温を解消するためには、日頃の生活習慣を細かくチエックして悪い生活習慣を改善します。 職場などの冷房は個人の自由にならない冷房温度になっています、冷えすぎるときは服装などを考えて調整しましょう。 食事は、体温を上げる食材を多用した食生活を送ります、このように、生活習慣や食生活を改善しながら体温を上げる漢方やサプリメントなどを正しく使って、正常な体温に戻すようにしましょう。

 

広告です

 

 

女性だけが持っている大切な器官。デリケートな器官であるがゆえに、子宮の健康はしばしばないがしろにされるところがありませんか?

 

世界初、女性のためのナプキン型よもぎカイロです。女性だけが持っている大切な器官、もっと大切にしなければいけません。

 



 






オススメ子宮温暖化対策!

おすすめ商品です