体温上げて、健康回復・低体温改善

スポンサーリンク

低体温の人は朝がつらい

 

 朝起きが辛いのは、低血圧の人に多いことがよく知られていますが、朝の寝起きが悪いのは、低血圧の人だけでなく低体温の人にも起きることです。
 低血圧の人は、血液の流れが多少弱いので、心臓から送り出される血液の量が少なくなっています。
 身体の熱は筋肉で生産されています、その熱を身体に伝えているのが血液の流れですが、低血圧で血量が少なければ、体に運ばれる熱も少なくなっていると考えられます。
 低血圧の人は全て低体温になっているとは申しませんが、低体温の人と低血圧の人は、このように似たような症状になることも多いようです。
 朝起きるのが辛く、ぎりぎりまで布団から出られないために、朝食を抜いてしまうことが多くなります。
 朝食は、体の機能を目覚めさせホルモンや酵素の分泌を良くし体温を上げて、活動しやすい状態にしてくれる役目がありますが、朝食を抜いてしまうとその機能が損なわれてしまいます。
 最近では大人だけでなく、子供の中にも低体温で朝起きることが辛いという子が増えてきています。
 低体温の原因としてよく言われているのが、生活習慣や食生活の乱れ、ストレスなどですが、子供も大人と同じような環境に置かれています。
 さらに勉強やゲームなどで寝不足になり、子供の低体温が増えてきています。
 大人でも子供でも生活習慣が狂っていると、低体温の症状が引き金となって、他の病気を引き起こすことも考えられます。
 もともと子供は基礎代謝が高いのですが、冷暖房の効いた場所に常時居ることが多いので、体温調節をする機能が低下してしまっているのです。
 朝起きて順調に熱を作り出せない状態は、通常の生活にも影響を及ぼしますので、本来の生活リズムを取るようにして、生活や食事を見直し、体を動かすことで低体温を防ぎ、朝すっきりと目覚めるようにしたいものです。

 

おすすめ商品です