体温上げて、健康回復・低体温改善

スポンサーリンク

低体温の子供が増えている

 

 低体温の子供が、最近では益々増える傾向にあると言われています、現代の生活環境の中には子供が低体温になる要因が数多く存在します。
 一年中快適に過ごせる冷暖房装置、室内でひたすら遊べるテレビゲームやパソコン操作、それが終わると塾通いなどにより、筋肉を使う運動や遊びの時間が少なくなっています。
 睡眠不足や夜型生活になっているなど、これらは子供が低体温になることに強く関係しています。
 もともと子供は基礎代謝が高いです、身体を動かすと熱を生み出します、そして溜まった熱を冷ますために汗をかきますが、最近の子供は汗をあまりかかなくなったと言われています。
 もちろん身体を動かす機会が少なくなったこともありますが、子供のうちから冷暖房の効いた快適な空間で生活することが多く、汗をかく必要があまりないために汗腺が未発達なまま成長してしまったことも関係するそうです。
 このようなことが原因で低体温の子供が益々増えるのではないかと心配されます。
 低体温になると基礎代謝が悪くなります、基礎代謝が悪くなることでさまざまな症状が現れます、これは大人も子供も同じです。
子供の肥満や生活習慣病がふえているのも、低体温が関係していると言われています。
 また低体温が関係していると言われるものに、免疫力の低下があります。
 免疫力が低下すると血液の循環が悪くなり内臓機能も低下させてしまい自然治癒力が弱くなります。
 アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症、アレルギーなどの病気も以前より増える傾向にありますが、これも免疫力の低下からくるものと言われています。
 また「切れる」「落ち着きが無い」など精神的に不安定な状態になることに、低体温症も影響していると言われています。
子供達が将来健康ですごせるためにも生活環境に配慮してあげ、低体温症になっている子供には一刻もはやく体温を上げて免疫力のある体質に大人が心がけてあげる必要があります。