体温上げる、卓球で健康回復、低体温改善

スポンサーリンク

卓球のバリエーション豊かな戦型

戦型の豊富さも、卓球の魅力の1つと言えます。

 

たくさんある戦型の中から、自分に合ったものを見つけていくといいでしょう。

 

ペンホルダーでは、ドライブ主戦型や異質ショート型、表ソフト即効型などがあります。

 

異質ショート型では両面ラバーにし、さらに片面はざらざらとした感触のものを使います、そうすることで、数多くの打ち方ができるようになります。

 

異質ショート型は、相手の失敗を誘発しつつ、攻撃も行うことに長けた戦型と言えるでしょう、表ソフト即効型は、スマッシュで勝負を決めるという、攻撃重視の戦型です。

 

シェークハンドの場合は前陣攻守型やカット主戦型、前陣速攻型、ドライブ主戦型などがあります、前陣攻守型では卓球台とあまり離れず、相手の失敗を誘発するような攻め方の方法を言います。

 

カット主戦型は、卓球台からやや遠い位置にいることが特徴の戦型です、その分、身体を大きく動かす必要があるので、体力やフットワークを強化しておく必要があります。

 

前陣速攻型は、卓球台からあまり離れない位置にいることが特徴です、卓球台に近いためにボールが打ち込まれたときに、すぐに反応することができるのがメリットです。

 

ただし、球がどんな軌道を描いて、どのあたりに到達するかを想定できないと、対応が遅れてしまいます、練習を重ねて慣れておく必要があるでしょう。

 

ドライブ主戦型では、ドライブの効果を高めるためにラケットの両面に裏ソフトラバーを用います、効果がある方法のため、多くの卓球選手が採用している方法でもあります。

卓球ダブルスの楽しみ方

シングルとは違った楽しみ方があるのが、卓球のダブルスです。

 

ルールも少し異なるので、挑戦する前にしっかり把握しておくといいでしょう。

 

卓球ダブルスの特徴の1つが、飛んできたボールをペアが順番に打つということです。

 

卓球と同じようにダブルスがあるテニスでは、どちらが打ってもいいというルールが採用されています、ですが、卓球ではペアのうちの1人が打ち続けると、相手に点が入るというルールとなっています。

 

たとえば、対戦する2つのチームをAさんとBさんとすると、はじめにAさんが打ち込んだら相手チームのAさんが続けてレシーブするという流れになります。相手チームの1人であるAさんが打ち込んできたボールは、Bさんしか打つ権利を持ちません。

 

同じように、Bさんが打ったボールは相手側のBさんしか打つことができません。つまり1回の試合中には、決まった相手とのボールの打ち合いが展開されるわけです。

 

卓球のダブルスで大切なことは、パートナーとなった人と呼吸を合わせることだと言えるでしょう。

 

シングルスとは違って、パートナーとの相性が重要なポイントとなるので、パートナーは慎重に選ぶ必要があるのです。

 

パートナーが打つ動作を阻害しないように、打たない側も動きを考える必要があります。

 

また、卓球のダブルスとシングルスはルールが異なるため、それぞれ練習や勉強をする必要があるでしょう。

 

サーブを打ち込む場合は、自分のフォア側にバウンドさせてから、相手チームに打ち込むことを覚えておく必要があります。

関連ページ

卓球の基礎知識
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球を親しむ
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球用品をそろえる
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球のラケットと握り方
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球の基礎的な練習
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球のサーブ・打法
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球

おすすめ商品です