体温上げる、卓球で健康回復・低体温改善

スポンサーリンク

卓球のサーブ

卓球のサーブはいくつかタイプがあるので、必要に応じて使い分けるといいでしょう。ただし、卓球初心者の場合は、すべてを最初からマスターするのは難しいので、得意なサーブを見つけることからはじめることをおすすめします。
サーブの種類の1つが、横回転サーブです。フォアハンドの場合は、ボールの横側にラケットを当てるようにして、スピードをつけてラケットを振ります。さらに手首にひねりを加えてカットすると、よりスピード感のあるスイングが可能となるでしょう。
下回転のサーブは、ボールの下側にラケットを当てて行います。卓球ボールを打つタイミングで、手首をうまく使えば回転にさらなるスピードを加えることができるでしょう。
このサーブはシェークハンドよりも、ペンホルダーの方が適していると言われています。卓球を行う上で、とても使い勝手のいいサーブなので、よく練習しておくことをおすすめします。
バックハンドの場合は、ボールをトスするタイミングでラケットを振るようにします。このサーブを打ち返すときは、ストレートに打ってもボールは下方向に軌道を描くので、ネットにからまりやすいという特徴があります。
ナックルサーブは上級者向けのサーブなので、少し慣れてきたら挑戦してみましょう。サーブの多くは回転を伴いますが、このサーブの場合はまったく回転しません。
回転を伴うサーブに対処する場合は、それに適したレシーブを行う必要があります。ナックルサーブは回転していると見せかけて実は無回転なので、回転向けのレシーブをすると失敗しやすくなります。上手に使えば、大きな武器となるでしょう。

卓球のナックルサーブ

様々な卓球のサーブを習得しておくと、試合をする上で大きな武器になり得ます。卓球のナックルサーブは無回転のサーブのことを言い、ハードナックルとソフトナックルの2種類があります。
ナックルサーブは、下回転のサーブにきわめて近い打法です。そのため先に下回転サーブを習得できていたら、それをアレンジするようなイメージで練習していきます。
実際に試合などでナックルサーブを実践する場合は、下回転サーブだと相手に思わせて打つのがポイントです。対戦相手は下回転がかかったサーブを想定して対処してきますが、実際は下回転とは異なる不規則な軌道を描くことになります。
よりナックルサーブの効果を高めるには、下回転サーブと織り交ぜながら使用するといいでしょう。しばらく下回転サーブを多用して、ここぞというタイミングでナックルサーブを実践する方法も有効です。
卓球の試合などでは、回転がプラスされた球の方が打ちづらいイメージがあります。ですが、無回転の球は空気の影響を強く受けます。
そのため、対戦相手のコートに到達するまでに、予測困難な軌道を描くようになります。対戦相手はそれにうまく対処することができず、レシーブをするのが困難になってしまうのです。
ただし、無回転の状態となるのは相手のコートでバウンドしたときです。ボールが1度コートに着くと多少は回転がプラスされるので、それを見越して回転をプラスする必要があるでしょう。相手にはカットのように思わせて、ボールの斜め部分にラケットを当てるのがポイントです。

卓球の横回転サーブ

体温上げる,健康,卓球,低体温

卓球上達のためには、サーブの練習は欠かせません。卓球のサーブにはいくつか種類がありますが、下回転サーブは基礎的なサーブと言われています。
下回転サーブのコツは、ボールの下側をこするように意識することと、スイングにスピードを加えるということです。シンプルなサーブではありますが、実際に習得するまでには時間がかかることもあります。
卓球をはじめたばかりの人でも、ボールを正面から打つのはそれほど難しくありません。ですが、素早くスイングしながらボールをこするというのは、意外にも難しいものです。
最初はスイングのスピードを少し遅めにして、動作に慣れていくようにしましょう。対応できるようになったら、少しずつ速く動くようにしていくと、無理なくサーブを習得できます。
慣れるまでは、ボールの丸い部分に沿うようなイメージで斜め下くらいを目安に、ラケットを当てるといいでしょう。卓球でスイングする場合、多くは振り抜く必要があります。ですが、下回転のサーブの場合はラケットがボールにヒットするタイミングで1度止めるとうまくいきます。
また、ラケットにボールがヒットするようにするには、手首をうまく使うのも大切なポイントです。同時に、重心をずらすのもサーブを成功させるポイントとなるので、しっかり意識するようにしましょう。
サーブは練習の成果があらわれやすいという特徴があります。サーブの打ち方をしっかり理解することで、対戦相手が打ったサーブへの対策も立てられるようになるでしょう。


卓球の下回転サーブ

卓球上達のためには、サーブの練習は欠かせません。卓球のサーブにはいくつか種類がありますが、下回転サーブは基礎的なサーブと言われています。
下回転サーブのコツは、ボールの下側をこするように意識することと、スイングにスピードを加えるということです。シンプルなサーブではありますが、実際に習得するまでには時間がかかることもあります。
卓球をはじめたばかりの人でも、ボールを正面から打つのはそれほど難しくありません。ですが、素早くスイングしながらボールをこするというのは、意外にも難しいものです。
最初はスイングのスピードを少し遅めにして、動作に慣れていくようにしましょう。対応できるようになったら、少しずつ速く動くようにしていくと、無理なくサーブを習得できます。
慣れるまでは、ボールの丸い部分に沿うようなイメージで斜め下くらいを目安に、ラケットを当てるといいでしょう。卓球でスイングする場合、多くは振り抜く必要があります。ですが、下回転のサーブの場合はラケットがボールにヒットするタイミングで1度止めるとうまくいきます。
また、ラケットにボールがヒットするようにするには、手首をうまく使うのも大切なポイントです。同時に、重心をずらすのもサーブを成功させるポイントとなるので、しっかり意識するようにしましょう。
サーブは練習の成果があらわれやすいという特徴があります。サーブの打ち方をしっかり理解することで、対戦相手が打ったサーブへの対策も立てられるようになるでしょう。

卓球の様々な打法

卓球には様々な魅力があります。多彩な打法もその1つと言えるでしょう。卓球をより楽しむために、様々な打法に挑戦してみてはいかがでしょうか。
様々な球技で実践されるのがスマッシュです。スマッシュはボールを力強く打つことで、はじきます。得点が欲しい場面でよく使われる打法です。
ドライブは卓球の打法の中でも基礎的なものとして知られています。ループドライブやスピードドライブなど、いくつかのタイプがあるので、自分の得意な打法を見つけておくといいでしょう。ドライブでは前進回転の力をプラスすることで、レシーブを阻害することができます。
プッシュは押し出すように打ち出す卓球の代表的な打法です。スマッシュなどと比べると力強さは劣りますが、使い勝手のある打法と言えるでしょう。
後退回転をプラスするのが特徴的なのがカットです。横や斜め下などに回転をつける選手もおり、人によって特徴があらわれやすい打法です。
レシーブでの使用頻度が多いカットはツッツキと言われています。レシーブする際にはボールをうまくコントロールできずに、違うところに飛ばしてしまうことがあります。失敗しないようにするには、カットが見えづらい打ち方を心がける必要があるでしょう。
卓球には様々な打法がありますが、最初から全てを習得するのは難しいかもしれません。簡単なものから地道に練習を重ねていって、打法を増やしていくようにしましょう。打法についてはインターネット上の無料動画サイトにも投稿されているので、チェックしてみることをおすすめします。

卓球の基礎のひとつフォアハンド

卓球では様々な打法がありますが、最初は基礎的な打法を練習することが上達の早道です。フォアハンドは基礎的な打法として、最初に練習しておきたいものです。卓球上達のために、習得できるまで根気強く練習を続けていくようにしましょう。
フォアハンドでは、バックハンドとは反対の方向に振ります。右利きの人の場合は、右から左という流れでラケットを振ることになります。
身体に力が入りすぎていると、フォアハンドはうまくいきません。できるだけ身体の力を抜いて、ラケットを振るようにしましょう。
肘が身体に密着していると、ラケットはうまく振れません。脇腹と肘の間は、こぶし1つ分空けるようにしましょう。この姿勢をとるときも、身体には力を入れずにリラックスしておくのがポイントです。
フォアハンドをするときは、左に動かすというよりも額に向かって振るイメージを持ちましょう。打ち終わった後にラケットを置いたり、同じ体勢でいるとバックハンドに移行しづらいので、身体の前方に持ってくるようにします。
卓球の特徴の1つは、球を相手のコートに打ち込んでから、再び球が戻るのが速いことです。とても間隔が短くて大変ですが、この間にバックハンドもしくはフォアハンドを使うのかを考えなければいけません。そして、短い時間を利用して、必要な体勢をとるのです。
フォアハンドでは、左右の足に均等にかけていた体重を、右足に持ってくるようにします。そして、ラケットを振るまでに重心を左足に移し、ボールに体重をかけるように力強く打ちます。

卓球のバックハンドを習得

卓球にはフォアハンドとバックハンドという打法があります。これらは卓球初心者が最初に覚える基礎的なものなので、最初に練習をしておくようにしましょう。
これ以外にも卓球には様々な打法があります。ですが、ほとんどがこの2つを原型としてアレンジを加えたものなので、まずは基礎的な打法を覚えることが大切です。
卓球を続けていると、フォアハンドとバックハンドのどちらかしかうまくできないということもあります。ですが、どちらも大切な打法なので、習得しておく必要があります。
対戦相手によってサーブされた球は、多くの場合バック側に着地します。このときに、球を正面から迎える位置に移動することが最初のポイントです。フォアハンドの場合は、最初の位置からやや離れていますが、バックハンドはそれほどの移動を必要としません。
ボールを正面に迎えたら、スピードを意識しながら肘を前に出しましょう。そして出した肘を起点として、スイングします。
ボールをラケットで打つときには、ボールが最高到達点を過ぎてから打つのではなく、上に上がる途中のタイミングで打ちます。バックハンドはフォアハンドよりも、オーバーさせてしまうかもしれません。そのため、力加減に気をつけながら、手首をゆったりとさせながら打つのがポイントです。
最初のうちは、失敗をしてしまうかもしれませんが、そのときは失敗の原因を探ることが大切です。ネットにひっかかってしまう場合は、振り抜きやパワーが十分ではないのかもしれません。原因を追及し、ミスを少なくしていくようにしましょう。

関連ページ

卓球の基礎知識
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球を親しむ
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球用品をそろえる
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球のラケットと握り方
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球の基礎的な練習
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球のバリエーション
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球

おすすめ商品です