体温上げる、卓球で健康回復、低体温改善

スポンサーリンク

卓球のラケットを選ぶ

卓球をするにはいくつかの用具が必要となりますが、特に大切なのがラケットです。

 

ラケットには様々なタイプがあるので、どれが自分に適しているか考える必要があります。

 

ラケットは、木製の板にラバーと言われるゴムが乗った構成となっています。そして握り方によって、ペンホルダーもしくはシェークハンドのどちらかのタイプを選択します。

 

ラバーが片面にしか付いていないのがペンホルダーで、ペンを持つような握り方をするのが特徴です。

 

ラバーが両面に張ってあるシェークハンドは、握り拳を作ってそのまま握るように持つ方法が採用されています。

 

卓球で使用するラケットに使用されているラバーは多種多様です。ラバーはスポンジとシートで構成されており、その取り合わせごとに質感や使い心地が変化すると言われています。

 

プロの選手は使用するラケットにもこだわり、ラバー選びも慎重に行うようです、そして、自分の卓球に適したラケットを作成すると言われています。

 

やわらかさを重視して作られたラバーの場合、強くボールを打つのが難しい代わりにコントロールはしやすいとされています。

 

硬めに作られたラケットの場合はコントロールが難しいものの、強い打球に適しているという特徴があります。

 

卓球を続けていくうちに、ラバーは少しずつ劣化したり、汚れが蓄積してしまいます。

 

特によく使用する人の場合は劣化が激しいので、月に1度程度は張り替えることをおすすめします。

 

ラバーに付着した汚れはラバークリーナーを利用してきれいにしておきましょう。

卓球ラケットのラバー1

卓球で使用するラケットには、ラバーという大切な部分があります。

 

ラバーは、スポンジとゴムでできたシートの組み合わせで構成されています、それを木製ラケットに貼り付けることで、卓球で使用するラケットはできているのです。

 

ラバーの一部であるスポンジは重要な意味を持っており、厚みがあるほどボールが弾みやすくなります、ですが、弾みすぎると、自分の意図した位置にボールを打つことが難しくなります。

 

ボールを思い通りにコントロールすることを重視するなら、薄いスポンジを使用したラバーにしてみるといいでしょう。

 

スポンジには薄さ以外にも、重さのバリエーションも豊富です。重さと言っても、少し持ったくらいではそれほど差は感じません。

 

ですが、手首が弱い人や練習を長く行うことによって、重さがつらくなることもあります、そういう人は薄いスポンジを選択するようにしましょう。

 

ラバーは使用するごとに消耗していくため、ときどき張り替え作業を行う必要があります。

 

ラケットの使用頻度が高いほど、消耗は早まりますが、空気に触れるだけでも少しずつ機能は低下していきます。

 

そのため、しばらく間が空いてしまった場合も、張り替えをした方がいい場合もあります。

 

卓球ラケットのラバーは、黒と明るめの赤が正式なカラーとされています。

 

ラケットの裏表は、通常異なる色を使用する必要があります。

 

国内で開催される大会では、国際卓球連盟の公認であることをあらわすITTFAマークが記入されたものを使用します。

卓球ラケットのラバー2

卓球ラケットの中でも重要な役割を持つのがラバーです。ラバーにはいくつか種類があり、それぞれ特徴が異なります。
よく使用されるのが、表ラバーと裏ラバーの2つです。表ラバーは、ざらざらとした感触が特徴的です。このラバーを使用することで、スマッシュが打ちやすくなると言われています。
そのため、スマッシュを多用する卓球選手の間では、主流とも言えるラバーです。スマッシュは得点につなげやすい打法なので、このタイプのラバーは試合にも適していると言えるでしょう。
ラバーの表面が滑らかだと、スピンが発生しやすくなってしまいます。ですが、凹凸があるラバーを使用することで、卓球の球に生じた回転する勢いを抑制することができるのです。そのため、多くの卓球選手は、フォアハンド側に表ラバーを使っています。
裏ラバーは表面が平らになっていることが特徴となっているため、回転を加えることに長けています。そのため、カットやドライブが得意な卓球選手に人気があります。
よりカットに長けた専用のラバーもあり、カットを得意とする多くの選手が使用しています。このタイプは、回転を加えることはもちろん、球のコントロール性を高め弾力性を抑えているのが特徴です。カットに特化している分、効果は高いのですが、ドライブやスマッシュにはあまり適さないという欠点もあります。
卓球のレベルを上げるには、自分の適性に沿ったラケットを選ぶ必要があります。今回紹介した以外にも、様々なラバーがあるので、自分に合ったものを選択するといいでしょう。

卓球ラケットの握り方は2種類

卓球をするにはいくつかの用具が必要となりますが、特に大切なのがラケットです。ラケットには様々なタイプがあるので、どれが自分に適しているか考える必要があります。
ラケットは、木製の板にラバーと言われるゴムが乗った構成となっています。そして握り方によって、ペンホルダーもしくはシェークハンドのどちらかのタイプを選択します。
ラバーが片面にしか付いていないのがペンホルダーで、ペンを持つような握り方をするのが特徴です。ラバーが両面に張ってあるシェークハンドは、握り拳を作ってそのまま握るように持つ方法が採用されています。
卓球で使用するラケットに使用されているラバーは多種多様です。ラバーはスポンジとシートで構成されており、その取り合わせごとに質感や使い心地が変化すると言われています。
プロの選手は使用するラケットにもこだわり、ラバー選びも慎重に行うようです。そして、自分の卓球に適したラケットを作成すると言われています。
やわらかさを重視して作られたラバーの場合、強くボールを打つのが難しい代わりにコントロールはしやすいとされています。硬めに作られたラケットの場合はコントロールが難しいものの、強い打球に適しているという特徴があります。
卓球を続けていくうちに、ラバーは少しずつ劣化したり、汚れが蓄積してしまいます。特によく使用する人の場合は劣化が激しいので、月に1度程度は張り替えることをおすすめします。ラバーに付着した汚れはラバークリーナーを利用してきれいにしておきましょう。

ペンホルダー

卓球をするにはいくつかの用具が必要となりますが、特に大切なのがラケットです。ラケットには様々なタイプがあるので、どれが自分に適しているか考える必要があります。
卓球で使用するラケットは大きく2種類に分かれ、その1つがペンホルダーラケットです。このタイプのラケットは、片面だけにラバーが張られており、ペンを持つイメージでラケットを握ります。
また、ペンホルダーは中国式と日本式に分類することができます。日本式のラケットは片面にのみラバーが張られているのに対して、中国式ではどちらの面にもラバーが張られています。日本のような片面式のラケットは、韓国の卓球でも使用されることが多いようです。
ペンホルダーはアジア圏の選手の間では主流となっており、日本人選手もこれにならってペンホルダーを使うことが多かったようです。ですが、少しずつシェークハンドを使用する人が増え、今では半分ずつくらいで落ち着いています。
ラケットを持つときは、ペンを握るイメージでグリップ部分を人差し指と親指でつかみます。そして、残りの指を使ってラケットの裏を軽く支えるようにします。
強い力でラケットを握ると、この持ち方の場合フォアからバックに変えたときに時間がかかってしまいます。そのため、あまり力を入れすぎずに握るのがコツとされています。
ペンホルダーラケットを使った卓球は、ミドルを打ちやすいと言われています。ですが、ラバーが両面に張られているわけではないので、1面だけでバックとフォアをこなさなければいけないことになります。そのため、卓球経験があまりないと、最初は難しいかもしれません。
ペンホルダーを採用したラケットは、丸形や楕円形、角形をしたブレードが使われています。どのラケットが自分のプレイスタイルに適しているかは、しっかり確認する必要があるでしょう。

シェークハンド

卓球のラケットには大きく分けて2種類があり、その1つがシェークハンドです。このラケットは握り拳を作るようなイメージで、ぐっとラケットを持ちます。そして、人差し指を後ろに伸ばして、ラケットを支えるようにします。
ラケットを握っている4本の指は、ラケットの根本に持っていくのが正式な持ち方です。この持ち方は、卓球に不慣れな人にも適した方法で、安定感があるためにラケットを振りやすいとされています。
国内の著名な卓球選手の1人である、福原愛選手もシェークハンドラケットを使用しています。ヨーロッパでもこの持ち方は主流とされていますが、どちらの握り方を採用している人が多いかは国によって異なるようです。
シェークハンドは、バックハンドで強く打ち付けることに効果を発揮すると言われています。バックハンドが苦手な人でも、シェークハンドであればうまくできるかもしれません。
シェークハンドのデメリットは、ミドルの位置にボールが飛んできたときに打ちづらくなるという点でしょう。ですが、多彩な技を試してみたい人にはシェークハンドは適しているので、どちらがいいかはよく考える必要があります。
シェークハンドは、ドライブ主戦型に適しているとも言われています。ドライブを多用したい人にはシェークハンドの方がやりやすいでしょう。
どちらの握り方、どちらのラケットが適しているかは、人によって異なります。卓球を楽しむためにも、自分に合った方法を探して、実践してみるといいでしょう。

関連ページ

卓球の基礎知識
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球を親しむ
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球用品をそろえる
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球の基礎的な練習
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球のサーブ・打法
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球
卓球のバリエーション
体温を上げる効果のあるメジャーなスポーツ卓球

おすすめ商品です